セサミンとアレルギー対策

去年までは花粉症じゃなかったのに、今年はなんだか目がかゆい、鼻がムズムズする、花粉症を発症してしまった、という経験をされたことがある方もいらっしゃることでしょう。
今まで食べてもなんともなかったものなのに、ある時から食べると湿疹や吐き気がするようになったということもあるかもしれません。
なぜこのようなことが起こるのでしょうか。

アレルギー反応というのは、身体の中に「脂肪酸」という物質が増えると起こるそうです。
なぜこの脂肪酸が増えるかというと、それはわたしたちの食習慣にあるようです。
以前に比べて脂肪分の多い食生活を送るようになっている方も多いのではないでしょうか。
いわゆる「食の欧米化」と言われる傾向ですが、日本人でもそのような脂肪分の多い食事を好む人が増えてきています。
たしかに、おいしいですが、アレルギーを引き起こすという観点で見れば、少し控えめにし、日本本来の野菜をたくさん取る和食を食べる回数を増やすと良いかもしれません。

また、最近アレルギー対策に効果があるとして、「セサミン」が注目を集めています。
セサミンには抗酸化作用という働きがあるようで、その抗酸化作用がアレルギーの要因となっている脂肪酸の働きを抑えてくれるそうです。
しかし、セサミンを一度や二度摂取すると劇的な効果があるわけではなく、摂取し続けることによって徐々に体質の改善につながり、アレルギーに強い身体づくりになっているといった感じです。
一度アレルギーを発症すると改善が難しいと言われている中で、アレルギー症状の緩和やアレルギー体質の改善に効果があるセサミンは非常に希少な存在です。

しかし、「ゴマ」にアレルギーのある方もいらっしゃいますから注意が必要です。
ゴマアレルギーでもゴマのセサミン以外の成分にアレルギーをおこしている可能性もありますから、もしゴマアレルギーだけどセサミン試してみたいと思われる方は医師に相談し、検査をおこなってみると、もしかすると摂取可能な場合もあるかもしれません。
しかし、アレルギーというのは意識不明になったり、場合によっては死に至ることもありますから、軽く見て自己判断してしまうことは避けましょう。